恐ろしい高脂血症の症状を解説~まずは検査を受けてみる~

病棟

注意点と予防法

悩み

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、病気にかかっていてもなかなか症状が出ないのです。肝臓がんでも例外ではなく、商況が出ている時点で病気がかなり進行してしまっている場合が多いです。肝臓がんの予防にコーヒーが効果的との研究結果が出ています。

詳しくはコチラ

脂質異常は万病のもと

看護師

診断は血液検査で

高脂血症とは血液中の中性脂肪やコレステロールが正常値を超えることをいいます。なお、専門学会では2007年から脂質異常症という呼び名に改めています。というのもコレステロールにはいわゆる悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあり、悪玉コレステロールが多過ぎる場合だけでなく善玉コレステロールが少な過ぎる場合も健康上のリスクがあるからです。ただ発症例としては「多過ぎる」ケースの方が多数を占めるため、一般レベルでは現在でも高脂血症という呼称が通用しています。高脂血症は空腹時における血液中の中性脂肪または悪玉コレステロールの値が基準値を上回った場合、あるいは善玉コレステロールの値が基準値を下回った場合に診断されます。いずれも一般的な血液検査で診断可能です。

自分では気づきにくい

高脂血症は進行すると血管内に脂質が蓄積されて動脈硬化を招き、心筋梗塞や脳卒中などの発症リスクを増大させます。いわば危険な病気の前駆症状とも言える病気なので、早期の発見及び治療が推奨されます。ただ注意が必要なのは、高脂血症単独ではこれといった自覚症状があらわれないということです。遺伝的要因による発症の場合はアキレス腱が厚くなったり手の甲や膝にある腱が硬く盛り上がったりといった肉体的症状を伴うことがありますが、過食や運動不足などを主な原因とする場合は特段の症状が出ないまま進行していきます。そのため、高脂血症を改善あるいは予防するには健康診断の受診等による定期的なチェックと生活習慣の見直しがことのほか重要になります。

横浜にある精神疾患の病院

医者

横浜駅から徒歩で5分のところにある横浜クリニックでは、うつ病をはじめとする精神疾患を専門に治療しています。診療方針は常にヒューマニティーを持って患者の治療にあたることです。初めての人でも安心して受診できるように、ホームページには図解で受診の流れなどが説明されています。

詳しくはコチラ

女性に多い病気・橋本病

男性

のどぼとけなどに存在するのには甲状腺があります。これが元気な源とされていて、この甲状腺が低下してしまいますと、多くの問題ごとを招いてしまうのです。また、これは他の症状と勘違いされやすいので適切な診察が必要です。

詳しくはコチラ

Copyright© 2015 恐ろしい高脂血症の症状を解説~まずは検査を受けてみる~All Rights Reserved.